2012年06月16日

伊達成実の具足と陣羽織

posted by 武水しぎの at 23:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 仙台時代に聞いたのは「伊達家の陣構えは藩士の甲冑を黒漆塗り五枚胴具足に筋兜で統一、兜の前立は旗の日輪に対応する月輪で、大将が三日月、旗本が半月」でした。戦前の武家故実の名著、山上八郎『兜の研究』では綱村時代にすべて半月の前立で統一したとあります。

 現在仙台市博物館にある仙台藩主代々の甲冑の前立は、藩祖公政宗のだけが三日月、歴代藩主の甲冑は半月に統一されていますが、戦前の博覧会に出品された時の記録写真では三日月、八日月(上弦の月)、中には下弦の月の前立もありましたから、混乱していたのでしょうか。
 亘理伊達家でも「藩」祖は大将だから三日月、とされたのかも知れません。アクセサリーで、オリジナルが残りにくい事もあるのでしょう。
Posted by 野崎 準 at 2012年06月17日 07:19
「大将が三日月、旗本が半月」あるいは「当主が三日月、侍大将は半月」というのはよく聞くのですが、出典がわからないので気になっています。

具足の付属物の混乱もよく聞きます。大事にすればするほど混乱しそうな気がします。

昭和54年仙台市博物館「東北の武家のしるし展」図録に弦月の前立をもつ兜が政宗以外にもいくつか載っていました。
・中村達夫氏蔵 伊達忠宗所用具足
・仙台市博物館蔵 伊達綱宗所用具足
・宮城県図書館蔵 伊達斉村所用具足
・歴代画真の伊達吉村像に書き込まれた兜
です。

そして
・伊藤進一郎氏蔵 伊達宗直所用具足
が27日の月に見えます。
遠藤玄信所用具足が下弦の月でした。
Posted by 武水しぎの at 2012年06月19日 23:50
 仙台の方に聞かれると怒られるのですが、「敵が本陣に切り込んできたら大将が兜の前立を半月に取り替えて旗本にまじって逃げるためだ。だから眼帯どころか大将が片目ということも公式には秘密だった」というのですが・・・・

 まあ、徳川将軍も同様の理由で駕籠の周辺を同じ服装の家来に取り巻かせていましたから、武将として普通の警戒方式だったのかも知れません。

 『兜の研究』には岡左内が政宗に切りつけた時、兜の「半月の前立」を打ったと『東遷基業』に出ているのを注意していました。
Posted by 野崎 準 at 2012年06月20日 10:17
 そういえば家臣の一人が右手大火傷の後遺症に死ぬまで苦しんでいた件も本人の記録以外には確認できませんね。殿といっしょの秘密厳守・・・か。

 だから「藩の正史に見えない!同時代史料がない!」と伝承・伝説としてのみ残されている話を抹殺しすぎてはまずいのでは、と考えています。
Posted by 野崎 at 2012年06月23日 09:33
「公式には秘密」と「公然の秘密」のあわいが何とも言えぬ妙ですね。。
Posted by 武水しぎの at 2012年07月09日 22:45

平成3〜4年頃に伊達市の史料館で成実の甲冑を見ました。私も鎧兜を方々で見ていますが、確かに、かなりの迫力を感じたものでした。

政宗の兜で不思議に思うことは、狩野探幽が政宗在世時に書いた騎馬姿の前立が黒の三日月になっています。残っているのは金箔造りです。瑞巌寺の政宗甲冑像も黒の地金です。補修前の前立は金箔が剥げてて黒の地金が見えました。

戦場で金箔塗では目立つでしょうね。政宗の鉄砲薬込役の菅野正左衛門の甲冑も政宗の甲冑とほとんど同型ですよね。この人は政宗死後に確か殉死しています。
Posted by 三田池 敏博 at 2013年01月06日 16:40
平成3〜4年頃に伊達市の史料館で成実の甲冑を見ました。私も鎧兜を方々で見ていますが、確かに、かなりの迫力を感じたものでした。

政宗の兜で不思議に思うことは、狩野探幽が政宗在世時に書いた騎馬姿の前立が黒の三日月になっています。残っているのは金箔造りです。瑞巌寺の政宗甲冑像も黒の地金です。補修前の前立は金箔が剥げてて黒の地金が見えました。

戦場で金箔塗では目立つでしょうね。政宗の鉄砲薬込役の菅野正左衛門の甲冑も政宗の甲冑とほとんど同型ですよね。この人は政宗死後に確か殉死しています。
Posted by 三田池 敏博 at 2013年01月06日 16:41
三田池さま
コメントありがとうございます。
菅野さんの具足は確か政宗からの拝領だったような気がします。
工芸品はいろいろ難しいですね、よく考えると金箔貼が当初からだったのか、あとからだったのかもわからないような。補修の機会がたくさんありますもの。
Posted by 武水しぎの at 2013年01月12日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。